--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-14

12/13 @六本木

昨日は六本木でセッションしてきました。
せっかくのお客人が音を合わせたいとおっしゃるのですからやらねば嘘でしょう。

当然ではあるんですがCock O' the Walk どころか六本木という地名すら知らない
クリスさん。上野で待ち合わせをして一緒に行きましょうと話をしていました。

昼間のスケジュールが押してしまったらしく
待ち合わせ時間を大幅に遅くに変更しました。

お店にやってきてくれたクリスさんとちょっとだべりながらご飯を食べにいきました。
ちょっと脱線ですが、出来れば日本人が食べてる
ジャンクフード。といいましょうか、あまり海外で食べる事がなさそうな日本食、
しかも都市部にいないと食べなさそうな物を紹介したくていろいろと夕飯を考えてます。

月曜は日高屋でラーメン+餃子
水曜は吉野家で牛丼
この日はカレーうどんを狙ったんですが
残念ながら知ってるお店がモツ鍋屋になってて断念。
仕方が無くスタンド式のガストでちゃんこ鍋定食、いきました。


飯を終わらせて急ぎ日比谷線へ。
電車のの中では主にUSで活動してる共通の知り合いの話で
盛り上がりました。
Tomに、Hanzに、Joeyに、Nick ,etc etc ..
(あ、みな笛奏者だ 笑)
みんな元気かなあ~。

到着も少し遅くなり9時ちょい前に六本木到着
既にKomeg さん、ケビンさんがお見えになっていました。
すいません~。

サッカー中継をやっている店内は奏者のみ。ならば音出しても大丈夫そうですね。とばかりビールを注文後、早速音を出し始めました。
すぐにモハーさん登場。忘年会帰りで楽器なしにもかかわらず遊びにきて下さいました。
そしてかおりさんも登場。すばらしい~。
0712131.jpg


今日は人数も少ないのがわかっていたので、
あえてセッションを盛り上げようとか、全く考えず
集まった奏者がやりたい曲を遠慮なくやるような時間でいいなと思ってました。

クリスさんのギターから奏でられるダンスチューンの数々。
多くは今まで聞いた事の無い、でもとても魅力のある曲ばかりに聞こえました。

曲名を説明するときに
「これは、XXXさんに習った曲でね、彼はこんな感じでこの曲のことを話てくれたんだ」
なんていいながら、そのXXXさんのしゃべりっぷりをまねて話をしてくれました。
すっごいおもしろかったです。0712132.jpg

コメグさんのスコティッシュも迫力でしたね。
ぼくも普段のセッションではなかなかやる気にならない。
自分の本当に好きな曲をいくつか。。

昔やってて、何年も吹かなかったポルカや
今年覚えた思い入れの強いJigなど
普段人前では吹かない物も混ぜてみました。





中盤からクリスさんはパイプに切り替えパイプを聞かせてくれました。

パイパーはセッションでの失敗は許されない。他の楽器とは違い、音が大きいだけに
リズムが少しでもずれればセッション自体を壊してしまう。
パイパーの音がそのセッションの音を生かすも殺すも決めてしまいかねない。
だから、パイパーは常に完璧でなければならないんだー。
と言う彼のパイプに対するかんがえかたを電車で聞いていたので

その一音一音にかける彼の真剣さというか情熱を演奏を通して感じていました。
これがまた上手いんですよね。
時間をかけてじっくりと曲を解釈して、そして長大な時間をかけて
練習された、というようなきめ細かく、あくまでも丁寧に弾かれる曲たち。
0712133.jpg
聞き惚れちゃいますね。
じっくりと聞いて、こちらも気持ちをこめて合わせてゆく。
こゆい時間でした。

あっという間に11時を回って終了まで後わずか。
もっと音を合わせてゆきたい、まだまだやりたい曲がたくさんあるのにー。
あーあ。時間が止まってくれないかなあ、などと虫のいい事を考えつつも
最後、ぎりぎりまでリールをつなげいったのでした。






今回の滞在でクリスさんからは
いい曲をいくつも教わりました。その中から
出来そうな物を練習してゆきたいなあと考えてます。

そして将来、その曲を吹くときはアラスカの友人の事を
おもいだしたりするんです。ふっふっふ。
ぼくはそんな感じで「人」から曲を覚えてゆくのが好きなんですよねー。

お越しいただきました皆さんどうもありがとうございました。
そして当日にもかかわらず快く場所をか提供して下しました
Cock O' the walk トモさん、どうもありがとうございました。



さて本日金曜日もアイリッシュ音楽を求めて
さまよう予定。

また国産ジャンクフードを目指すんですが
なにか面白いお手軽飯屋さんしりませんかー?(笑)

comment

管理者にだけメッセージを送る

おおきにでした♪

昨日はわざわざ連絡いただきありがとうございました。
お陰さまで実に楽しい一夜を過ごすことができました。ちゃんこ食べ過ぎでちょいと辛かったですが、出てくる音の素晴らしさを存分に堪能できました。こういう静かなセッションは私の理想のひとつかも。

今日の四谷報告も楽しみにしていますよ。1000アクセス突破、まずはおめでとうございます♪

感謝!!

いや~、ほんとに楽しかったです。

お知らせいただき、ありがとうございました。

CGCGチューニングのギターなんて、初めて聴きました。

クリスくん、みたいなギタリストを目指しまっしょ!

いったい、いつになるやら(笑)!!

・・・駆けつけられず、・・・残念、・・・無念。
・・・本当に、よさげなセッションでしたねぇ。
クリスさん、またどこかでお会いしたい。

モハーさん
少人数、いいですよね。誰のためでもなく、演奏している人間が楽しむための音楽とでも言いましょうか。
堪能しましたー。
おさっしのとおり、四谷も言って参りました。
いやーこれも面白かったです。
こちらも改めてレポートあげる予定ですのでおたのしみに~。
アクセス1000件、、あっという間でしたね。皆さんありがとうございます。
でも、危なく自分でキリ番踏んじゃうとこでした A^^;

ケビンさん、
クリスさんの演奏、よかったですね。
「楽しそうに弾いてる」のが印象的でしたので
僕はまずそこから見習おうと思いました。(^^)

「音を丁寧に出す」というポイントはどしたって?
それはまあ、そのうちぼちぼちと。。(笑)

のすけさん
まってたのにーー。なんっちって(笑)
セッションがたくさんある東京が相当気に入った様子ですので
もしも縁があってまた日本に来るときがあれば
きっとこっちにも遊びにきてくれる事でしょう。

そんな日が来るといいですね。

いいな~☆

yutaさ~ん、私もイーリアンパイプ生で聴いてみたかったです。(☆_☆)
四ツ谷もご一緒に行かれたんですか?イイナ~。
笛のオーナメンテーションってもともとパイプの奏法から
来てるって本当ですか?じゃぁまた次回に!

ユーカリさん。こんにちは~。
パイパーのクリス君、いい奏者でしたよー。
四谷も面白かったです。

まだ余韻中で四谷のレポもかけませーん(笑)

笛の装飾音、僕は正確な物をまじめに勉強した事無いのでよく知りませんが昔、ワークショップでパイパー(フルート奏者でもある)Louise Mulcahyから
Dのクランを習ったときに、これはパイプでも同じ
飾り方をするわ。と教わった事があります。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。