--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-14

Sam Murray flute story 05

今回も楽器のお話し。前回からの続きです。

その前に宣伝を。
水曜日は warrior celt sessionです。皆さんのお越しをお待ちしております~。



時は2010年6月の終わり。
フルート奏者のT田君が2ヶ月半アイルランドに行くというお話を聞きました。
そして、「またゴールウェーにいきますのでサムマーレーにも会ってきますね。」
と自ら言ってくれたのでした。

長期滞在とはいえ滞在時間は限られているというのに、きっと忙しいに違いないのに。。
本当にありがたいお話でした。

そこで彼が出発する直前にちょっと役に立ちそうなプレゼントを用意して
それをSamさんに渡してもらうようお願いしました。

こちらの熱意をくんでくださり、T田君は別れ際に

「必ず持ってかえってきますね。」

といってくれました。
数日後アイルランドのT田君から一通のメールが来ました。
「サムマーレーに会いました。プレゼントを見せたらとても気に入ったようで、フルートは8月第1週にわたすと言う話になりました。それを持ち帰るでいいですか?」と言うことでした。

そこでこちらからもSam さんに連絡を入れてみました。
「そちらにプレゼントを持ったT田氏が行くので彼に完成品を渡してほしい」

できるだけ丁寧に、どれだけこちらが新しいフルートが必要か説明しました。

そして驚くべき事にメールの返信がかえってきたのでした。
「おかげさまで体調もすっかり良くなり仕事にも復帰できました。君のフルートはほぼ完成していて
8月初旬にはT田氏に渡す事ができます。」

これにはさすがにうれしくなりましたがここはぐっと気を引き締めて喜びすぎないようにしないと。

その後、T田さんはアイルランド中いたるところでSam Murrayさんの悪評を聞いたそうです。
「フルートが出来上がって手渡される確率は低い。」という予想が常に多かったと聞きました。

8月第1週。
東京でYutaはそろそろ何か動きがあるかもな。とそわそわしていました。
しかし、取引はT田君におまかせしたんだし。
きっと動きが会ったら連絡が来るだろうとじっとカレンダーを眺めて過ごしました。


しかし連絡はありませんでした。
第2週、3週、
時間はどんどん過ぎてゆきました。
でもこちらから様子をうかがうようにメールを書くつもりはありませんでした。
T田君には自分のやるべき事がたくさんあるはず。きっと過密スケジュールで動いてる。


そして8月は何も無いまま終わりました。
9月上旬には帰国の予定でしたので
帰国したら結果の報告がくる事と思いました。

でもT田君はきっとたくさんの時間を費やして下さったことでしょう。。
結果はどうあれお礼をしたい気持ちでした。







そしてT田君からメールが来ました。

**************************
本日帰国しました。
遅くなりましたが、サム・マレーのフルート、受け取って参りました。
あのメールから後もまだまだ戦いは続きまして、この2ヶ月半、5~6回サム・
マレーの工房に行き、5回くらい約束を破られましたが、遂に帰国の3日前、
ゴールウェイを出る最後の日に受け取りました。
**************************
(すいません。感動だったのでそのままメール抜粋しました。)


翌日大雨の中、T田君は遊びにきてくれました。


アイルランドで仲良くなった奏者の方々といろいろと相談してくれたらしく
「プレゼントを先に渡す事」と「フルートを送る約束する事」は意味の無い事だからそれだけはするなと
アドバイスをいただいたそうで。
そこでプレゼントは完成品との交換と言う成功報酬にかわりました。
いや。これが名案、いや明暗でしたね。


そしてゴールウェーで知り合った奏者仲間の方々やアンダースさんもまるで自分の事のように
T田君を助けてくれたとお話を聞きました。

エニストラッドフェスJapanのときに来日したエニスのジョンリンさん(彼、弁護士なんでしたね。)
もSamさんと電話で話をしてくれたと聞きました。

みんなが助けてくれました。
「サムマレーからフルートを受け取って帰る」という話で
現地のセッションでは話題に困らないほどだったそうです。

そしてT田君はちょろっといいました。
いやー、この2ヶ月半、サンマーレーで始まりサンマーレーで終わた様な気分ですよ。
受け渡しを通していろいろな人と出会い仲良くなれたし
僕にとってもとても意味のあることでした。

笑顔で、うれしそうにそう話してくれたT田君に頭が上がらない思いでいっぱいでした。
sammurray02.jpg

こうして今回実に3年3ヶ月で5キーのフルートを手に入れる事ができました。
中には4年待ってもこない人も。既にあきらめてる人もいるそうです。

僕が入手できたのいろんな偶然が重なり、たまたまいろいろな方が助けてくれて、
力を尽くしてくれたから運良く手に入れられたんたんだと思いました。

また身近な友人が長期間にわたり現地でがんばってくれたから受け渡しができた部分も
とても大きかったと思いました。
(受け渡しが郵送だったら、おそらくまだ数年はかかったかもしれませんね。)

あまりほめられた話ではありませんがプレゼント(賄賂)がある程度効果を発揮した部分も
あったかと思いました。

ある時知り合った奏者がSam Murray の所有者だったとこがありました。
そこで彼に、取引はどうだった?大変だったか?時間がかかっただろう?と
聞いたことがありました。彼の答えはかんたんでした。
「いや、実は僕はゴールエィーのXXさん(有名な奏者)と知り合いなんだ。、その人はSamと仲良しなのでその人経由でオーダーしてもらったんだ。1年くらいで手に入ったよ」


きっといつか誰か同じフルートをオーダーをかけるかもしれません。
その方もきっと長い時間をかけて待つのかもしれません。

僕は運良く入手できました。なので手に入れるのは不可能ではないのかもしれません。

でも日本人の一般的な常識は何一つ通じません。

メールは催促の役に立ちません。
2週間ごとに時差を考えた時間帯に電話をかけるのも僕にはかなりつらかったです。
結局それもどれほど役に立ったのか未知数ですけど。。

「アイルランド人はほんとにいい加減だ」、などと悪く思ってしまうかもしれません。
当たり前の話ですがもちろん、いい人もまじめな人も僕はたくさん知っています。
それでもそのくらい感じてしまうほどの感覚のずれがあると僕は思います。

それでも直接話したらいい人なんだよなぁ。。

僕が今回取引でやった事のすべてを書いときました。
いつか誰かの役にたつかな。

最後に改めてフルート入手に関してたくさんの、本当にたくさんの方に助けていただきました。
この場でお礼を言いたいです。
どうもありがとうございました。
sammurray01.jpg

このFluteは長い時間をかけて大切につきあっていきたいと思います。
















comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。