--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-16

もーだーほん ちゃっぷる じぃー

まなさまこんにちは。
このブログをはじめてから、いろいろな方に
ブログ、面白いですね。とお褒めの言葉をいただいておりまして
うれしい限りです。

と挨拶は置いておいて。本日のネタは。


えー。先ほどマイクさんがお店にやってきて
すこし情報交換をして行きました。いくつかネタをいただきました。

その中の一つが
最近思い出した様にやり始めたとおっしゃっていた曲。。

maudabawn chaple in G

だそうで。。

これを笛でやるのか。うーん
実は苦手な曲なんです。。曲の雰囲気が出せないんですよね。

でもこれはセッションできっと出るんだろうなあ。
(なんか試験にこの問題、出るよっていわれた気分 笑)

半音が頻発する曲の方がまだ簡単な気がしますが。。
練習しなきゃ。。

がんばりまーす。

comment

管理者にだけメッセージを送る

もーだーほん ちゃっぷる じぃー

明日でるかな? テスト?(笑)
音域が広い曲ですよね。たぶんfiddlerのEd Reavyの曲だった気がします。
私はなたり~・まくますたーの音源で覚えたらしく、どうもみなさんと微妙にヴァージョンが違うみたいなんですよ(汗)。
まあ、大きくはハズレない程度だと思うのでご勘弁を。
明日よろしくお願いしまーす!

それは心強い

こめぐさんが弾けるならばもう何の心配もいりませんね。
細かいところはみんな違いますから(ぼくもここにある譜面とはそうとうちがってったし)大丈夫でしょうー。

んじゃあこの曲は明日、ぜひマイクさんにご披露していただきましょう。
どんなセットか楽しみです。

を、これは...

本日はお疲れ様でした。

過去にフィドルのレッスンで課題曲になったことがあります。
確かブログでも採り上げたことがあるなぁ...遠い目^^;
リハビリしないと弾けません。私はKevin Burke とMicheal O'Domhnaill の音源で師匠から習いましたが、速く弾けないのでEileen Ivers のスロー・バージョン・テイクで暫し弾いていました。いい曲ですよね。
Frankie Gavin が頻繁にこれが入った「Humours Of Galway」というセットを弾いているのですが、後ろに入るリール2曲は「Maudabawn Chapel」「Hand Me Down The Tuckles」と分かるのに冒頭のホーンパイプだけ曲名が分かりません...。いい曲なのに。
明日は顔を出せませんがテスト結果の報告を楽しみにしています♪

おおー

そう言われてみればこの曲、もちろんセッションで誰かが弾いた時の印象もあるのですが
アルバム、Wild blueあたりのイメージが自分にも色濃く残ってます。あれも奇麗ですよね。あのCD,よく聞いたなあ。

この曲、笛で吹く場合、そのまま吹いちゃうとAパート、ものすごく間抜けな感じに聞こえるので、何かひと工夫、欲しいんですよねえ。

テスト(笑)結果、報告お楽しみに♪
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。