--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-09

Concertina Reelセット

Walter Sammon's Grandmother(D)/The Concertina Reel (D)/Brendan McMahon's(Em) FAAB A2dB|AFDE FE~E2

セットリストに曲名だけ先行して乗ってましたのであらためましてご説明を(^^)
これの元ネタはおそらくタラケーリーバンドですかね。
そこに一曲を付け足して3曲で弾かれるようになったと記憶しております。
90年代の録音にも入ってますので歴史ある由緒正しいwarrior 定番曲かと(^^)

最近では比較的序盤に、さて何から弾こうか?なんてときに出現する事が多いようです。
コンサーティナリールはみんな知ってますもんね、勢いがつくいいセットだと思います。
うちでは出現頻度も高いですし、「これからどの曲やろう?」と思う方にはお勧めですかね。

comment

管理者にだけメッセージを送る

Patrick Street

これね、結構難しい曲達なんです、私にとっては。音は追いかけられるけど何度弾いてもサマにならない・・・。

因みにこのセット、セッション以外にどこかで聴いたのか思い出せずMike さんに尋ねたら

「あぁ、Patrick Street もやってたセットだよ」

と教えられて練習課題に入ったセットです。

そっかぁ、由緒正しきWarrior の定番だったんですね♪

ねー

モハーさん。毎度どもです。
Patrick Streetがやってたとは知りませんでした。話出すと判明する事実みたいな展開、面白いですね。

そうですねー。確かにこれだって「簡単な曲」ではありませんよね。
っていうかどんな曲でもそうですけど。

ちょっとシンプルな曲になればなるほど装飾が決まらないと
間延びしてかっこわるかったりもするし。
かといって真剣に弾こうとするととたんにつまらない音になるし。。

目指すは笑顔で楽しげに、でも簡単そうにタイトな演奏をこなす。ですかね~。いったい自分にそんな事が出来るのかは別問題ですが。

僕はとりあえず楽しげに吹くところから努力してます。(^^)
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。