--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-06

Tarbolton

ターボルトンセット

よくアイルランド国内のケーリーバンドなどの演奏の録音などでお目にかかる事があります。
かといって現地のセッションでやるのかといわれると微妙ですけどまあ、知っておいて損は無いかなと。A^^;

だれが弾いていたか残念ながら覚えてませんが一番最初に聞いたのはおそらくセッション。
その後耳に残っていたこのセットを04年くらいにラジオ番組「ceili house」で聞き名前を覚えた次第。
Yutaはこの、じゃかじゃかした勢いのあるセットが好きで演奏する事が多いです。
ってことはwarriorではお目見えしますな。じゃあ定番セットか(笑)
なんか自分の好きな曲を載せると布教活動みたいですかね。すいません。

The Tarbolton (Edor) /The Longford Collector (G) /The Sailor's Bonnet(D)

あ、Tarboltonのコメントページに ちゃんとこのセットの説明について書かれてますね。そりゃ有名な訳だ~。

comment

管理者にだけメッセージを送る

定番セット

いまだに定番セットを全然覚えられない私・・・^^;

このTarbolton のセットは弾けませんが『Ireland Harvest』/Joe Derrane, Frankie Gavin And Brian McGrathで、このままのセットがありますね♪

Tarbolton 自体に結構馴染みがあるなぁ、と思ったらChieftains も7枚目でやってるし、Matt Molloy もDonal Lunny とのレコーディングで実に軽快に吹いていました。うん、これは練習候補ですね。

久し振りに定番セットの紹介が続いていて楽しく拝見してます。

こんにちは~

もはさん、こんにちは~。
定番曲紹介は情熱があるときにしか進まないので今のうちに
出来るだけ多く紹介したいなあと思っております。
ほんとは2週間に一曲とかのペースで出来るといいんでしょうけどねー。

さて、ターボルトンセット、さすがに定番ってだけあってこのセットはいろんな方がやってますね。ぼくも自分のitunes内を検索したらざくざく出てきました♪
(各自の好みはあるかもしれませんが)ぜひケーリーバンド系の音源も参考にしてみてください~。

そうそう、タイミングよく昨日、ダブリンに昔住んでいたフィドラーの友人とターボルトンセットの話になりました。

Yuta「向こうじゃベタ過ぎてこのセットはやらないかな?」
Fiddler「いや、例えば知らない奏者と一緒になったとき、とりあえず様子見でこれを弾いたりもするし、またセッションの最後にみんなが知ってるこのセットをやって終わる、なんてこともよくありましたよ~。」

という話を聞きました。
このセットはwarriorでも知ってる人も多いしやっぱりお勧めですかね。

今度一緒にバリバリやりましょう。(^^)
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。