--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-10

Tin Whistle の消音方法、新方式発見

ご無沙汰してます。すいません。今日はフエネタです。

「あー、フエ吹きたいなあ。ああ、でもここじゃ大きな音はだせない。」
でもミュートするためのテープが手元に無いんだよなあ。るるる。。。

笛奏者の皆さんなら一度や二度はこういう経験もある事でしょう。
そんなとき皆さんはどうされますか?

1,いらないレシートをフエ口に丸めて突っ込む。
2,適当な細いボウッキレを曲げて突っ込む。
3,自分の手荷物の中からなんとかシールとか、テープを探す。

ああ、ぼくもよくやります。買い物した包装紙のテープをはがしてみたり
値札のシールをひっぺがして使ってみたり。。。ちり紙をコヨリにしてみたり

そう、今日もそんな状況になり、いろいろ試していて新発見!!
それは
「輪ゴム2本を丸めてフエに巻く。」でした。
tin whistle

これは新しいミュートの方法かもしれません!!(笑)

これならフエ口近辺にシールのノリが残ってべたついたり、
不安定にしか固定できなかった割り箸や楊枝などよりもいいかも。

ちゃんと音を出したいときには巻いていた輪ゴムをぱっとずらせばいいですので、これは簡単だ。

さらに、ブラス管ならノーマルの輪ゴム。
吹き口が赤や緑ならカラーの輪ゴムでコーディネイトすると目立たないです。たぶん。
アルミの管の場合は、、、 まぁ、色なんか気にするな(爆)

皆さん、楽しい笛ライフを


comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。