--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-29

六本木セッションレポ 08-05/28

第4木曜日は六本木Cock'O the walkのセッションでした。
今回はUS在住のフルート奏者、デ-ビッドさんからあそびにいくよ、とメールを頂いていたのでちょっと楽しみでした。
そして今週になってからオーストラリアから凄腕のFiddleをつれてセッションにあそびにいきます。
とのメールも頂きました。ひょひょひょ。これは面白い事になってきた。と結構わくわくしながらパブに行きました。

7時過ぎに到着。数名の方とお話しながら夕飯(最近お気に入りのラージチキン)を頂き開始時間を待ちます。
いつもの窓際の席ですが今回は混雑が予想されていたのであらかじめきっちり固めていきました。
普段より奏者間の距離が近く、やりやすい配置でしたね。
セッション開始から1時間、あれれ、でもまだゲストきませんよー。
普段なかなかお会いできない方々も遊びにきてくれました。うれしいなあ。
だいたい席が埋まった頃に本日のゲスト、アイヴァンさんF江さんとともにがお見えになりました。
盛り上がる一同。
R0013381.jpg
挨拶を住ませて席にご案内、F江さんと一緒に真ん中に入っていただきましていい雰囲気で
続けてゆきます。
今回自分も近くに席を頂いておりましたので間近で演奏を聴かせていただきましたが
きっちりとコントロールされた演奏、それなりに速く弾いていてもそれをまったく感じさせない
余裕がまたすばらしく、豊富なバリエーションによって曲が生き生きとしてくるといった印象ですかね。
また出す曲がかっこいい!!

ドニゴールスタイルの奏法にあうだろうと、こちらも少し北の地方の曲を多めに用意していたので
そういった曲たちを演奏してゆきました。音をあわせていて本当に楽しかったです。
R0013369.jpg
10時過ぎ頃にはデービッドさんもおこしになりました。半年ぶりの再会でしたね。
しかし息子さんがこの春で日本の学校を卒業されたそうなので
次に来日されるのはもういつになるかわからないとの事。
何度もご一緒させていただいていい時間を過ごさせていただいた友人だけに
何とも寂しい気持ちになりました。
11時を回り奏者が減ってきた所で中央に固まって彼との演奏をしばし楽しみました。
R0013395.jpg
11時半になり最後に洗濯女セットをやって無事終了
総勢20名超えの大セッションでしたが音もばらけず,きっちりまとまっていましたね。
皆さんがきっちり音を聞いて会わせてくれていたのがすごく良く伝わるいいセッションでしたー。
お越し下さったみなさまありがとうございました。

強力なフィドルに体がしびれていて帰り道は「Fiddle Sticks - Irish Traditional Music From Donegal」
などを聞いて電車に乗っちゃいました。びりびりびり~。わっはっは。

そうそう、帰り道銀座まで一緒だったアイヴァンさんと某奏者、アイヴァンさんが中国語が話せると
聞いたそのとたん、中国語で楽しそうに普通に会話を始めたのが本日一番の面白かったかも(笑)
世の中何が起こるかわからない、だからセッションって面白い(^^)

comment

管理者にだけメッセージを送る

写真

写真を親サイトにアップしときましたのでご興味ありましたらぜひどうぞ。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。