--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-22

時計レポ

あまり関係ないも知れませんが
置き時計修理レポです。
自分はプロではないので簡単な物しか直せませんが。

今回のアイテムはスミスの置き時計
持ち主の方の話では不注意で落下させて時計のムーブメント部分が
台座から外れてぐらぐらになってしまったとのこと。
さっそく挑戦です。
いや、これ、ガラス割れなくてよかったですね。
こんなドーム型のガラス、ないですよー。

ガラスの周りの枠を止めているのが裏面にある小さな3このナット。
これを外してみますがうんともすんともいいませんでした




tokeirepo001.jpgtokeirepo002.jpg

そこで写真の用なこじ開けと呼ばれる工具で少しずつ隙間を浮かせてゆくと
ばりっと言う音とともに金属枠部分が外れました。
木製台座に傷をつけないように紙を一枚置いて作業してみました
tokeirepo003.jpg

針の根元にプラ製のリングが遊んでいるので
まずは針を外します。ピンセットで慎重に。。。
針はメッキなので指紋で汚さないように注意。
tokeirepo004.jpg
針を外して確認。ああ、このプラ部品はゆるみではなく、割れているんですねー。
tokeirepo005.jpg
これはムーブメントを押さえるための部品のようです。
軸の周りがねじになっていてこのプラ部品で台座を挟み込んで
止めるようになってるんですね。
tokeirepo006.jpg
とりあえずこのプラ部品を瞬間接着剤で張り、その後極細のビスを
打ち込み強度をもたせますが、きっと不十分なんだろうなあ。
ムーブメントの位置をきめて、両面テープで台座に張り込み、
さらに台座とムーブメントの隙間も利用してかなりぎっちり固定させました。
台座に機械を接着も考えたんですがもしも又壊れたときに泣くのは自分なので自粛
まあこれなら大丈夫でしょう。
tokeirepo007.jpg
その後針、を戻します。
針は12時、6時位置でちゃんと合うように注意します。
ガラスを磨いてもとのようにセットしてできあがり~。
これでパイントギネスは僕の物だ(笑)

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。