--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-20

ないふ

今日はキャンプ用品のナイフを整備しています。
ブレードを少し磨いで、各部のホコリを取り除き、ぴっかぴかです。
080520.jpg
このナイフは珍しく10年以上の付き合いとなりました。
今日はネタがないのでビクトリーノックスの所有歴をA^^;

初代
は一回り小さいもの。いわゆる10得ナイフな感じでしたね。
学生時代、北海道にツーリングにいった時、たしかどこかのキャンプサイトで
テントを張るためにグラウンドを整備している時、土の中からぽこっと出てきたのでした。(拾いもんでした笑)
こいつは2、3年、どこにでも持って歩いていて、ある時スキーに行った時に紛失。
ディスカウント屋さんとかにある類似品とは違う、品物のよさを覚えた1本でした。

その次はなぜかフランスで買った同サイズの物
(スタンダード・スパルタンタイプ)、ワインオープナーがあって便利だったのを覚えています。
2代目は95年、カナダのYHで紛失。

その翌年一時帰国中に銀職人の友人からシンプルなビクトリーノクスをもらいました。
(リンクはソルジャーシリーズこいつのナイフのみモデル)
こいつはカッコ良かった。赤いアルミのサイドプレート。ナイフブレードのみ、
缶切りすらなかったですがアラスカでは調理全般はもちろん、単車の整備や軽い工作、またキャンプではタガネ代わりに薪に打ち込み
その上から丸太でたたいたりと、おおよそナイフの仕事の領域を超えた使われ方までされていました。
山奥でヒンジが飛んでバラバラになっちゃいましたがをボルトを差し込んで修理して,
かなりワイルドに使った一本。シンプルなところのよさを学んだ一本でした。
これはアラスカの旅が終わった時紛失してしまいアンカレッジで現在のナイフを購入。

購入時、ポイントとして、
必要最小限の機能
刃が大きく、刃の固定が効く
何はなくてもワイン抜き(笑)
が絞られていたので使いやすく、いまでもお気に入りです。


たくさんの思い出が詰まった一本です。
今週末は久しぶりに缶切り、ワイン抜き以外の機能も使えそう、楽しみです。

おっとその前にセッションがありますね。
今週はWarrior celt,皆さんのお越しをお待ちしてます。
ああ、練習しなくちゃ、

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。