--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-21

session at The warrior celt 08.3/19

水曜日はWarror celtの定例セッションがありました。

この日のセッションはオールナイトの噂が立っていましたが
このネタの始まりは実は年末年越しセッションの後に
京都の名フルート奏者、kumamo君が、
「そういえば3月の第3木曜日は祭日なんですよ。
そしたらまた遅い時間までセッション出来そうですね。」
と提案してくれた事がありまして、そこからおお、いいね。
最近のwarriorはたいてい2時くらいまでは音を出しているから
あそびにおいでよ。と会話を交わした所からでした。


当の本人はそんな話はすっかり忘れていたようでしたが、
ふふふ。僕は面白いネタは忘れないのだ。
そしてそんな噂が噂を呼び、今夜はなんだかすごくなりそうだと言う予感を胸に
ちょっとドキドキわくわくでパブに足を運びました。

パブについて食事をしながら(本日はシェパーズパイ)既に到着した奏者とお話をしてゆきます。
意外とセッション開始前のこのひとときにいい話を聞ける事が多いような気がするなあ。
本日は大阪からお見えのパーカッション奏者、けんけんさんとお話をしておりました。
最近フィドルを始められたとの事。名fiddler目指してがんばってくださいね♪
その間にもどんどんと奏者が遊びにきてくれます。うれしいですね。みなさんありがとう。

開始寸前にN津井さんがお見えになりました!!彼は去年までイギリスのパイプメーカに
修行に出ていて現在は北海道に拠点を構え日本のイーリアンパイプスメーカーとして
活躍されています。warrior celtでご一緒できたのは はおそらく2度目ですね。
すごくうれしかったです。
定刻8時にsessionが始まりました。H谷川さんや、N井さん、そしてwarriorの
主力がほぼ全員そろっていましたから今夜はどんな曲が出ても安心な感じでしたね。

そして増えてゆく奏者の方々。ドーリンさんが来てくださったので自分のすわっていた場所を
譲りハイチェアーへ。すごい音圧、ものすごい勢いです。
080319007.jpg
これはしばらく皆さんにお任せしても大丈夫ですね。そしてYutaは遊びにきてくださった皆さんと
会話を楽しんでゆくのでした。
それにしても今夜は集まりましたね。奏者の輪が2重になってもまだ演奏にの輪に入りきりません。
修さんとお話をしていて、修さんさえ知らない奏者も混ざっているというのにはオドロキでした。
一体何人いたかな?と数を数えてゆきますがあっという間に30人を超えたので
出来る限り写真を撮ってゆきました。
080319006.jpg

Yutaが名前を知らない方もいたのでそういう方とは出来るだけ話をするのですが
結局は真一さんチームのご友人3名様の名前がわからずじまいでした。すいません。
Fiddle11名、
Flute,whistle 11名、
pipes 1名
guitar 、buzuki 3名、
バンジョー、マンドリン系3名、
バウロン、パーカッション系5名、
アコーディオン1名
singer 1名
その他、奏者だけど楽器を出さなかった方も3名
よくこれだけの人数があの狭い店に入った物です。もちろん参加奏者数記録を更新。
もうこの場所でこの記録を超える事は2度とないでしょう。

明らかに2部狙いの方もいて、そういった方々は楽器を出さずに飲みモード。
はっと気がつくと仕切り役のマイクさんと、Nakaji君がパブの中にいません。
アレレと思ったら扉の外でのんびりとおしゃべりを満喫中。
普段は真ん中に座ってないとかっこがつかないメンツが外でのんびり(笑)
080319005.jpg
その光景が面白かったので写真写真A^^;

普段は終了の時間、11時半になっても終わりません。
終電に合わせて席を立つ奏者と入れ変わりで次々と席が埋まってゆきます。
そして夜中居残り組でも奏者席はすべて埋まっていましたね。

080319004.jpg
明日がお休みという事で一般のお客さんもずいぶんといらっしゃしましたが
何とも荒れた感じのお客さんも数グルループいて
なんだか外国のパブにいるような雰囲気満点でしたが
音楽は続く続く。そして5時になり第2部も一様終了となりました。皆さんおつかれさまでした。

皆さんが帰り支度を始めた所、ナカジ君が、「え、いやあ、僕の始発までは1時間もありますよ」と言ってってくれました。
そこから又音楽スタート。外も明るくなってゆきます。いやー皆さんタフですねー。
その後、もう一度楽器をしまい、帰り支度をしたのですが何かの理由でもう一度スタート。A^^;
記憶が定かではありませんな。
そして時計も7時まで後ちょっとの所で誰かが「あと1時間15分で時計が一周します」と言いました。
ひょえええ。

080319016.jpg
その勢いはなんあんだ。それでもさすがに7時半くらいになると演奏しながら寝ている自分。
そろそろ帰りましょう、となって最後のウイスキーを飲み干し、
帰路につきました。

最後の最後までつきあってくれた皆さん。本当におつかれさまでした。
そして遊びにきてくださったすべての奏者の方に本当に感謝しております。
来てくださった皆さん一人一人とじっくり一緒に音を出したいなあとおもいましたよ。
そんな時間ができたらいいんだけどなあ。

こんなに面白いセッションは無かったよと、
言ってくれた方がいたけど、そんな言葉が本当にうれしかったですね。

そうそう、夜中野3時くらいでしょうか。ユーカリさんとお話したところ、
まるで聞いた事の無い曲ばかり。コンサートを眺めているようです。
といっておられました。まあ2部ですからね。みんな本気モードで音を出してゆく
セッションってのもまあたまにはアリでしょう。

こういう(2部でやるような)曲をブログで紹介してくださいーっておっしゃられていたので
せめて自分が出したっぽい曲をおまけでいくつか紹介しておきます。
けど、それにしてもあまりフエ奏者にはお勧めできないものが多いなあ。。
ごめんなさいね。
Jenny picking cockes/The Collier's Reel

The Tempest/The Milliner's Daughter

The Windmill/
The Guns Of The Magnificent Seven


Mother's Delight/West clare reel/Broken Pledge

Oak Tree/Jenny's Wedding

最後にこのような居場所を与えてくれたpubのスタッフとAndyに
とても感謝してます。どうもありがとうござました。

そしてみなさん。
また面白いことやりましょうね♪



comment

管理者にだけメッセージを送る

そうそう、当日の写真は親サイト
(リンク欄のTraditional Irish music session Information in Tokyo Japan)
のほうに掲載してますので、そちらもあわせてどうぞ。(^^)

お疲れ様でした<(_ _)>

ユータさん、先日はお疲れ様でした。
おかげさまで真夜中のコンサートを堪能出来ました。
特に笛奏者の豪華なキャスティングに感激でした。

上級曲のご紹介もありがとうございます。
CDで聞いたことのあるLunasaの曲も何曲か
演奏されてましたね。
途中で色んなことありましたけど(!)
最後までハイテンションだったユータさんに拍手!(^^♪
また遊びに伺います。

ユーカリさんこんちは~。
ははは。確かにすごいハイテンションで過ごしてましたね。自分。
自分が吹いた物くらいしか曲を思い出せなくてA^^;
すいません~。
Jenny picking~のセットはフエでも半音無くいけますし、最近毎回のようにやってますのでまた耳にするかもしれません。

夜中のwarrior celtはまるで外国でしたね。わはは。
もっと普段はおとなしいんですけど、、やはり
次の日がお休みだったから、というのはあるでしょうねえ。

またぜひよろしくお願いします~。

ありがとうございました!

約12時間!にわたりお疲れさまでした。いつもながら素晴らしいコーディネーター振りに拍手です!
私はさすがに次の日は疲れて活動できませんでした。年だな…(笑)。
曲データベースみたいな奏者が何人もいた感じで驚愕!!!自信ない曲もほぼ一人旅でなく安心・ほぼ無事故(笑)。スピードが速くてついていけないことも多かったのですが…。
個人的にうれしかったのは、"ディオンヌの五つ子リール Dionne (Reel Des Cinq Joumelles)"と名前わからないけど何故かShetlandで聴いたA-majorのポルカが弾けたことかなぁ。あとmother's delight。深夜の延長戦ならではの曲だったと思います。
三月も休む間ありませんね~。またよろしくお願いします。

コメグさん。こんちは~。
長丁場おつきあい頂きありがとうございました。おもしろかったですねー。
たしかに曲データーベースみたいな人。いっぱいいました。いました!
ってコメグさんもそのうちの一角じゃないですか。(笑)
あれだけのメンバーがそろっていれば、どんな曲でも
必ず誰かが追従してくれると言う安心感、ありましたね。

Dionne Reelセットは昔さんざんやりましたから実は得意です♪
コメグさんがいけるならこれもsessionで復活できますね。

Aのポルカ。。ってどれだっけ??と考えて考えて思い出しましたが
勢いで僕が出した曲でしたね?ひゃーすいません。実は記憶が曖昧で(爆)
もしもそうならtolkaの後にやった曲でThe Race Classic(A)かな。。
これも好きな曲です。なかなか日の目を見る事無いんですが。

mother's delightは最近のマイブームFナチュラル多用系マゾ曲ですが
これもきっちり形にしたいなあと。。がんばります~。

土曜日になにも無いと何となくもの足らなく感じてしまうYutaは、、
やばい。この傾向は危険だ。あれな人にされてしまう。(笑)

また次回よろしくおねがいします~。

とボケたこと言ってると・・・^^;

突っ込みまっせ(笑)

この状態を「あれ」と言わずして、何を「あれ」というのでしょう(笑)

残念ながら仕事満了が23時では楽器を取りに戻っても上野へ行けませんでした・・・。またの機会に朝までセッションを満喫させていただきます。

もはーさん、こんちは~
やばい、それでは上野のセッションは「あれな人」製造工場みたいではないですか。
徹夜くらいではまだまだその言葉は似合いませんよ。と。どうでしょ?? A^^;

お仕事、ハードなようですね。季節の変わり目で風邪などもはやってますから、体調崩さないようにいきましょうね。
またぜひ時間に余裕のあるときはまた一緒にやりましょう。、、、いや、朝までではなく(笑)

え、「製造工場」そのものでは・・・(爆)

>徹夜くらいではまだまだその言葉は似合いませんよ。と。どうでしょ?? A^^;

うぅむ、こういう発言が一番「あれ」な気がしますが、気のせいかな~^^;
関西の某フィドラーのブログでも「あれ」な人は自覚症状がないとの報告もあります。私は医者ではありませんが、知人の医者にMRIをサービスさせましょうか?

冗談はさておき、ようやく本日を持って佳境は一旦過ぎたようです。翌日が出張ですが六本木は参加を前向きに検討中ということでヨロピクです。

うーむ

モガけばモガくほどますます、あれな人にさせられてしまう。(笑)
まずい。よし、ここはあえてスルーで。。

いやー、もはーさんお仕事一服との事。ちょっとほっとしますね。遊んでもらえなくなっちゃうと寂しいですからこれ以上忙しくなりませんように~。

水曜日、いいっすねー。楽しみにしてます。
ではもしもお見えになったら
お噂のぎゃーれっとばれー考察を交えながら一杯やりましょう。いいネタですねーこれ。たのしみかも~。

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。