--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-25

がーん

more...

スポンサーサイト

2009-03-23

session at The warrior celt 09.3/18

パディーズディも終わった第3水曜日は The Warrior celtでの定例セッションでした。
7時過ぎにお店に到着するとなんと一般のお客さんで席はいっぱい。
あー。そろそろビールにもいい季節だもんな。とか、のんびり構えつつ
食事をしながら過ごしました。

そのうちにどんどんと集まる奏者の方々。
8時を回りマイクさんがお客さんと話をして場所を譲っていただき、いざ開始。
マイクさんさすがだー。
場所を譲ってくださったお客様、ありがとうございました。

ふと周りを見渡すと外国からお見えのお客さんがフルートのケースを持って
ニコニコしていましてマイクさんに声をかけていました。
その方はピエールさん。フランスから2週間の予定で滞在されていたようで
インターネットで情報を入手して遊びにきてくださったそうでした。

日本語がペラペラ。なぜかと思いきや奥様は日本の方だそうで、
毎年のようにお戻りになっているとの事。こりゃ,すばらしい方と知り合ったかもしれませんね。

さて,セッション序盤は少し飛ばした展開が続きました。
ゆっくり始まっても終わる頃にはぜぇぜぇ言いそうなくらいのスピードになる事もしばし。
いけませんな。もっと音を聞いて,走らないようにやらねば。

そんな状況でしたのでこちらからはできるだけポルカやホーンパイプなどを出しました。

お店はかなりの混雑ぶり。エアコンをつけないと暑く、つけると寒く(笑)
音も周りの雑踏で隣の操作や奏者の音が聞こえないような環境。でもまあ、それもsession。
途中、マイクさん歌を喜んだお客さん数名グループが飛び入りで歌をご披露。
こんな雰囲気もいいもんですね。

若手、常連、ベテラン、正に古今東西入り乱れの17,8名の奏者たち。
すばらしい夜でした。

終盤になりお客さんも減って来るとリズムも一段落
それほどがんばらなくても周りの音もよく聞こえ演奏者からすると雰囲気もよくなってきますね。
11時過ぎになってN原さんがイーリアンパイプスをご披露。
いやーまだわずかな時間しか触ってないでしょうに,上手でびっくりしました。
芸大チームにはいつも驚かされますね。

中津井さんが帰られるときにピエールさんが熱心に話をしていると思ったら
なんと彼もパイプをやるそうで,ちょっと貸してもらったパイプスを軽々と弾いてました。
おいしいなあ(笑)
笑顔と歓声の絶えない夜でした。
ぜひ日本に住んで毎月遊びにきてほしいものです。

12時を回ったところでセッション終了、お越しいただきました皆様
どうもありがとうございました。
後日写真をアップしたいと思いますのでしばしお待ちを。

さて来週六本木はまたもやニュージーランド方面からのお客様
が見えるかもとのうわさもちらほら聞こえてきております。
また新たな出会いと音の交流を楽しみにしております。

2009-03-21

コンサーティナ ワークショップのお知らせ

おもしろそうな話が飛び込んできました。
コンサーティナ奏者、そして最近始めたんだ,なんて方にはかなりいい話になるかもしれません。

アイルランド、カウンティークレア、まさに本場と言っても過言ではありませんが
そんな六画風琴エリアのまっただ中で活躍している
コリンさんという若い奏者が来日する事になってます。

彼はプロ奏者ではないのですが
その演奏技術と感性は保証付き。
他の有名奏者とはひと味違う味わいのある装飾、コード、そして力強いリズムで聞く人を魅了します。

何しろアイルランドで暮らしているあの凄腕Hirokoさんが
どっぷりはまってるくらいのレベルですから
下手なプロ奏者よりすごいかもしれません。
演奏指導ももちろんですがコンサーティナ奏者なら、その迫力の演奏を一目見るだけの価値はきっとある事でしょう。

ワークショップの詳細

日程は
4月12日(日曜日)
場所は大崎シャノンズです。

時間、クラス分け、費用、予約方法などはまだ回ってきていませんが
前回のアイルランド人コンサーティナ奏者(メインでコンサーティナを弾く奏者という意味)によるワークショップは
おそらくアイリッシュトラッドフェスティバル2002の、ティムコリンズ、または2004のメアリーマクナマラ以来かと思われますので
通訳として同楽器奏者のHirokoさんがつくでしょうから細かい部分の質問も伝わるかと思います。

また詳細が回ってきたらお知らせしますのでお楽しみに~

というか、みなさん、ぜひ友人奏者に宣伝してあげてください。

2009-03-19

09 セント パトリックス ディ パレードの日 レポ

パレードの続きです。

解散になるのを待ちかねていたかのようにアンディーさんがバックパックからビールを取り出しました。
バックの中身を見せてもらったら、中にはビールしか入ってない(笑)
わっはっは。さすがアンディー。
すごい事に「校庭では飲んじゃいけないんだったよな?」といいながら大通りまでささっと移動していきました。おお、なんとすばらしいマナー。

僕もちゃっかり一本いただき荷物を片付けて皆さんんいは六本木で会いましょうと声をかけ学校をあとにしました。

せっかくのお祭り気分ですからね
この日ばかりは町中にうじゃうじゃいるであろう奏者との出会いを楽しむべく

路上でしょう!!

既に外でのんビリしていた方々と、ビールを飲みつつ、そそくさと笛を出して吹き始めます。
それに反応して数名の方が楽器を出してくれました。
ほほほ、そうこなくちゃ面白くない。
090315201.jpg

1、2曲やりだすとナカジ君も「お、なに、こんなとこで面白そうな事を!」
といいながらFiddleで参戦してくれました。

路上でセッション。通り過ぎる奏者が時々ちょろっと混ざりそして去ってゆく。
そんなのもまたえらく面白かったです。
090315202.jpg


フェスっぽい雰囲気,満喫(^^)
とても面白かったです。
090315203.jpg

もしも目の前のお店の方、迷惑がかかっていたらすいません。
と、いちようこちらでお詫びしときますね。

さてその後は一路六本木へ向かいました。

到着したら既に結構な数の奏者の方が集まっておりました。
すばらしい!!

アイリッシュライブボードにも告知させていただいておりましたので
おそらくはそれを見て参加された方も多かったかと思います。

あのページ、おそるべき動員力!と感じるYutaでした。

パレードでお疲れな様子ですかね。全体的にはまったりとしたセッションでしたか
でもみなさんで乾杯できたのがとてもうれしかったです。

今年のパレードはいろいろな方に助けてもらったな,と思います。
参加希望者のとりまとめをしてくださった方,こちらのわががまにつき合って
町中で遊んでくれた方,ライブがあるにもかかわらずその前にこちらのセッションに顔を出してくださった方。

そして参加いただけたすべての方々
どうもありがとうございました~。
また来年も、もしもやる事になったらぜひぜひ遊んでくださいね。

2009-03-17

強烈な見た目のレンズ  フィッシュアイ ニッコールオート 8ミリ f2.8

パレード関連の続きはもう少々お待ちを。m(_ _)m

すいませんが今日はカメラネタです。
今まで見たこともないような強烈な印象のレンズが入ってきました。
フィッシュアイ ニッコールオート 8ミリ f2.8。。
09031702.jpg

見た目で周りを圧倒できそうな感じがあります。(笑)
この極端に出っ張ったドーム状の前玉。
まるでニコノスの15ミリみたいです。
これつけて町中でスナップ撮っていたら危なすぎるのではないかと。わはは。A^^;
09031703.jpg

さてうつり具合はどうかと言いますと
全方向魚眼なので見た目ではファインダーに円の像が見えます。
その円の中に目の前に広がる風景がディフォルメされて、きゅっと収まるような感じ。
09031701.jpg

ちなみにこれはデジカメにちょこっと引っ掛けて撮影。1.5倍相当のが角になるため上下の淵が切れてしまってます

うひょーーおもしろい。けど使うシチュエーションを選びますね。
自分の顔を撮ってみたらよその天体から来た生物!?ってくらいのうつり具合でした。
犬や猫ならともかく接写では人には向けられませんな。
ちなみに
写角は180度。真横が写ります

残念なことに今回の玉は非AIのため連動ピンの問題からデジカメにくっつかないので
フィルムか、それともAi改造を探ってみたいです。

2009-03-16

St Patrick's day parade 2009 3/15

まずはWarriorチームでパレードに加勢いただけた皆様、どうもありがとうございました。
3/15 東京 晴れ

朝から晴天に恵まれました。とても暖かい日でした。
R0014782.jpg

原宿はものすごい人でした。青空にはためくアイルランドと日本の国旗がきれいでしたね。

集合時間は1時20分。神宮前小学校。結構ギリギリ(汗)
集合場所には既にたくさんの奏者の方が集まっていました

今年のメンバーを見ると、なんとハイランドパイパーが3名!!うひょーすげー。
アンディーも新調した旗を持ってちゃんと時間通りに来ています。(笑)すげー。
R0014791.jpg

R0014801.jpg

音を出しながら出発を待つ皆さん。
日向は少しあついくらいでしたね。
R0014799.jpg

今年のパレードで目についたのは規制の多さ,
大通りに出るまで音を出すな、移動はできるだけ迅速にまとまって。とか、
大通りにでても音を出し始めるのはどこそこから先でお願いします。など
いわれていました。(我々の後ろのチームの人たちは守れてませんでしたが A^^;)

主催者の方々はきっと毎年規模が大きくなってゆくこのイベントの周辺への騒音などできっと苦労されているんでしょうね。
お祭りなだけに少し寂しいですがみんな、できる協力をして存続を目指そうという気持ちが参加している方々にも浸透している感じを受けました。
だれも集合場所で飲まないし、ベビーカーやヒールの靴を履いてる奏者は外で待っているのを何人も見ました。
R0014810.jpg

さてスタートしたパレード、今年は都内のパブが参加するグループC。毎年同じなんですがセッションチームは外に出ると音圧で他の楽器、
(パイプやブラスバンドなど)に負けてしまいますが、若手の方々中心にどうにか音をつないでいきました。
R0014817.jpg

演奏半分、楽しんで歩く半分のパレード。仲間に手を振り、笑顔で歩きました。
あっという間でしたね。皆さんで記念写真を撮り無事終了。皆さんおつかれさまでした~。
CIMG4406.jpg
大きいサイズはこちら
その後は街に繰り出し挑戦者、もとい、奏者との出会いを求めて街へ。(^^)
続く

2009-03-14

インターFMでアイリッシュ!?

どうやらSt Patrick's day 関連で特集を組んでいたようです。
http://www.interfm.co.jp/st_patrick/

ききたかったなあ。

2009-03-14

パレード詳細

詳細

13:20 神宮小学校校庭集合で
14時出発
Cグループです。

小学校に入って正面の奥の壁あたりでお願いします~

硬いヒールのある靴はいてきちゃダメです。
中に入れてもらえません。
荷物置き場が使えますが、校庭も鍵をかけてくれるので大丈夫そうですが、、、


There Is a St Patrick's Day parade At Omotesandh on 15th Mar.
More than 20 musicians will join to The warrior celt Grup. and Play Irish music there.
If you have time . Please come and join us.

1:20PM at Harajyuku Jingu-mae Elementally School.
Map is here
http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=107869568324469341904.00044847103188d9d024d&source=embed&ll=35.668096,139.706537&spn=0.004402,0.006899&z=17

After the parade We will go to Cock O' the walk and have session.

2009-03-13

EFマウント改造のペトリレンズで遊ぶの巻

今日はカメラネタです。
先日紹介しましたペトリ玉、かなりハマっております。
いままで用事のあるときにしか持ち歩かず、しかもそんなときもフルオートでしか使っていなかったEOSデジタルを
毎日持ち歩き、しかも構えるたびに色温度、露出を考え、どのくらいぼかすかをファインダーで確認しながら
慎重にピントを決め、手動絞りをセットして撮影しています。

デジタルカメラでも機能を強制的に制限するとこうしてファインダーで考えながら写真を撮れるんだなと感じました。
フィルムカメラの楽しみ方に近いですな。これは。

さて肝心の写り具合、使い勝手など、感じたことを少し書いておきましょうね。
あくまでも個人的に感じた印象ってことで一つご理解下さい。

まずはルックスですね。
っこのアンバラスな感じ、遊んでるぞって匂いがぷんぷんして持って歩くだけでもワクワクします(笑)

操作はまさに全手動。
距離リングは少し重くピント合わせはファインダースクリーンの性能のせいか、山がつかみにくく大変あわせにくいです。
ピントが合ってるように見えちゃうんですよね。
しかも撮影後モニターで確認できてしまうから始末が悪いです。

絞りは手動でセットしますので露出を決めて撮影です。
いわゆるプリセット絞りと同じ方式なので、思わずセットし忘れて解放絞りで撮ってしまうこと多数。
(意味通じるんだろうか。この文章。)

そしてレンズの特性僕は専門家ではありませんので感じたことだけ書いときます。
全体的には解放近辺では昔の玉っぽく独特の柔らかい描写になり5.6くらい絞るとシャープになってくる印象があります。

090313i.jpg

作例の猫はEOSデジタル ISO100 1/60 絞りf4 WB マニュアルプリセット(晴天合わせ)。
少し絞ってくることでピントもよくなり,なおかつ背景のボケもまあまあいい感じです。

09031302i.jpg
拡大したい方はこちら
1/300 f5,6 ISO100 WB 曇りオート 等倍サイズでトリミング

09031303i.jpg
拡大したい方はこちら
1/3000 f2 ISO100 WB 曇りオート
作例は(ベタですいません)富士山の夕日シーンですが絞りf2とf5.6で撮影したものです。
全域を拡大するのはサイズが大きいので中央のみを拡大率100%にしてあります。
どっちが絞ってるか一目瞭然ですね。


色に関しては晴天のときにもう少し撮ってみて感じてみたいです。
全体的な印象では少し青みを帯びた絵になりました。シアンっぽいとでもいいましょうか。
なので人などを撮るならばホワイトバランスも自動では対応できず
仕方なくその辺の白い被写体を撮影して手動WBを使用しました。
そうすると暖かみのある、雰囲気の良い色で撮影できました。

このように非常に個性的で面倒な、いや細かい操作を伴うレンズで、イメージに近い絵が撮れたときはとてもうれしくなっちゃいます。

もうしばらく遊べそうです。
もうすぐ春ですからね、季節の移り変わりをこんなアイテムと過ごしてゆこうともいます。

2009-03-06

 今朝お店にきてパソコンを立ち上げて、ふっと気がついたら
キーボード左上についていたESCキーがなくなっていることに気がつきました。

ここ使うのに、こまったな。
R0014764.jpg

きっと夜のうちに猫が暴れてキーボードを落としたんでしょう
その勢いできっとどっかに吹っ飛んだんですかね。それしか考えられない。

いくら探しても出てこないので、仕方なく使わないキーをくっつけてみました。
ちょっと違和感あるけどまあ仕方がない。
ぶつぶつ。
R0014765.jpg

2009-03-05

パレードのお知らせ とsessionレポ3/4六本木


昨日は六本木で定例セッションがありました。
09030403.jpg

第一水曜日はいつもいい雰囲気ですね。

Yutaはお休みだったので家の作業をこなし、あまりに盛り上がってしまって
パブの到着がぎりぎりになっちゃいました。っていうかちょっと遅刻でした。皆さんすいません。

お店に着くとマイクさんやナカジ君たちが音の中心となってセッションがスタートしていました。09030401.jpg
ぼくもマイクさんの隣に陣取り早速ビールビール(^^)

今回は北海道に拠点を置く中津井さんが遊びにきてくれました。
イーリアンパイプス、かっこいいですね。
09030402.jpg
曲を始めるまえにちょろっとドローンを鳴らすだけでもしびれちゃいます。(笑)
繰り出す曲もまたしぶい!!

いい演奏をたくさん聞かせていただきました。
09030404.jpg
思わずいっしょに記念写真を撮るまゆさん(笑)


自分はというと,昨日はチューンの神様の降臨があったかのように
次から次に、まるで湯水が湧くかのように曲が出てきて
思わずどんどんと曲を始めてしまいそうになり、しかも始めた曲は
なぜか以上にハイスピード、という妙な日でしたね。
皆様ご迷惑おかけしました。

相変わらずの笑い声の絶えないようないい雰囲気
楽しい夜はあっという間に終わっちゃいますね。11時半にターボルトンセットをやって終了になりました。
09030405.jpg

遊びにきてくださった皆様本当にどうもありがとうございました。


さて今年も3月になり、周辺が慌ただしくなってきましたね。
こちらは意外とのんびり構えていたのですがやはりというか、今年もきました。

Yuta,今年もパレード出るからな。いつもセッションに来るみんなを集めてくれ。
大丈夫,今年はちゃんと横断幕もあるから。


と声がかかりました。
わはは、やっぱりきたかー。相変わらずギリギリですね。
こちらは去年の案内
こちらは去年の様子

という訳で。
今年もSt Patrick's day Paradeに
The warrior celt & Cock O' the walk が参加します。

もしもパレードに興味があって
まだどこにも参加予定でない方、いらっしゃいましたらぜひご一報を

奏者意外でももちろん大丈夫、みんなで歩いてみるのも楽しいと思います。

詳細が来ましたらまたこちらでお知らせしますのでお楽しみに~。



2009-03-02

忙しい仕事が一段落。ふー。
休憩ついでに週末レポでも簡単にかいときましょう。

この週末は大崎シャノンズに通ってしまいました。
ビールも500円でしたし(^^)

スティーブンさんのバンジョー、かっこ良かったですね。
大崎シャノンズ、また遊びにいきたいものです。

デスさんに、また10年後にあいましょう、というと
「いや、そんな先まで生きてないからお前がダブリンに来い」
なんて冗談まじりにいわれました(笑)

いつかダブリンもまたいきたいなあ。
なんて、ちょっとだけ思いましたよ。

かれらは本日の飛行機で帰国されるとのこと。
いい音楽をありがとうございました。

そしてシャノンズの10周年、本当におめでとうございます~。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。