--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-30

土曜

時は土曜日、8時半。仕事を終えて自分の部屋で
さて練習でもするか、と楽器を手にしたところでした。

ぷるるるー。ぷるるるー。と引退直前のPHSが鳴りました。
あれ、こっちに電話があるなんておかしいな。だれだろう。
と、考えつつ電話をとったらpubの主人のアンディさん。

「今六本木に、ほら、アイルランドに住んでた、fiddlerが来てるぞ。
一緒にパレード、歩いた子だよ。
もうひとりのfiddlerとセッションしてるぞ、お前は来ないのか?」

どうも話を聞いてゆくとT@Cさんが知り合いの奏者をつれて
飲みにきているようです。電話で彼としゃべり、
遊びにいっても良いのか、聞いたところ快諾を得たので

ネマキを着替えて日比谷線に飛び乗りました。
時間も遅いし、セッションといっても、様子が分からないし、
いちよう楽器は持ってゆくけどもまあ、飲みながら
音を聞くのもいいなとおもい、誰にも声かけませんでした。

店に到着、9時半くらいかな。
なかなか味のあるいい音が聞こえてきます。

奈良のfiddle奏者のY口さんがそこにいました。
アイルランド帰りのfiddler。。ああ、なるほど。N嶋さんですね。
そしてT@Cさんにもう一方、最近お知り合いになれたfiddler I藤さんの4人。

うわー。やった。
スライドとポルカの国へようこそ。(^^)

I伊藤さんなかなか、鼻が効きますね。
こういう場はなかなかないですよー。

さて、奏者席から一歩引いたところに座り
ポルカってこうだよなあ、と気持ちのよいリズムに
耳を傾けつつビールを飲んでました。

一セットやるとしばらく雑談。
またしばらくし得曲が始まる。

気温が低いせいか土曜なのに珍しく静かなCock'O the walkの
店内にゆったりとした時間がながれていました。

T@Cさんにそろそろやりませんか?
とお誘いを受け、、はじっこにおじゃましました。

ああ、でも、こういう音は聞いていたいなあ。
あまり出しゃばらない様におとなしく吹きつつ
音を聞いてました。

ここのところ、自分の演奏が雑になっているなと
感じていた所だったので

自分にとって得る物、あったなあと感じました。

いい時間はあっという間に過ぎてゆく。
終電ぎりぎりまでお話をしながら

最近教わった終電に飛び乗ろう考えたのですが
ホームをおりたところで電車を逃し。。。

ああ、結局タクシー。

T@Cさん&みなさん、どうもお邪魔しました。
でもいい時間でした。感謝。











スポンサーサイト

2007-09-29

四谷セッション 9/28

モリガンズの深江君のセッションに遊びにいってきました。
これで3回連続になります。
前回に引き続きチャリです。チャリはいいですね。今の季節は大変快適です。
お店に着くと奏者はゼロ。うーん。前回はかなり焦りましたが今回はのんびり構えました。8時を回ったあたりから知った顔が少しずつ到着、でも奏者、来ないじゃん。^^;
まあもう少し待ちましょう。しばらくの後深江君登場、Y田君登場で
セッションが始まりました。ここのところずいぶんと一緒に合わせていただいてるので持ちネタ、だんだんわかってきましたからね。
でできそうな曲をスタート。Y田君の音に合わせてゆきます。

2、3セットやったところから笛奏者がやってき始めました。
面白いのはくるひとくるひとがみんな笛(笑)
9時半くらいまでには,笛x7-8人、ギターx1、バウロンx1
ようやくfiddleが来ました!!全員が喜ぶ中、彼女がだした楽器は
1/4スケール。。おーい。だいじょぶですかー。
まあセッションですもんね。こういうのもありなんでしょう。

10時過ぎに、アイルランド帰りのギター奏者と
仕事帰りのflute&fiddleが登場で一気に場の雰囲気がしまってきました。
既にずいぶんがんばって吹いてしまったのでfiddleに席を譲り、
一歩下がったところで写真撮りつつ、ビール飲みつつ
音を楽しみました。
070928

総勢14人かな。さすがに四谷ですねー。見に来ている方もずいぶんいますし。
すごく勢いの良い、いい音を楽しむ事ができました。
またぜひ、あそんでくださーい。
写真は親HPアップしましたのでご興味ある方はそちらもどうぞ。

2007-09-28

立川カウンティークレア セッション 0709/25

今週の火曜日に立川に遊びにいってきました。 立川でもレギュラーのナカジ君、電車の都合でなぜか上野に到着。駅から電話かけてきました。 「Yutaさん、今日、立川いきますよね、実は僕今上野なんです。一緒に行きませんか?」 まあ、ほかでもないナカジ君のリクエストですからね。一緒に行く事にしました。 fiddleの話や、彼のCD販売の話などいろいろと話を してゆくと小1時間の移動なんてあっという間でした。07092501.jpg


余談ですがナカジ君は現在CDを輸入していて 相当に面白そうなケープブリトンのCDを入手しているようです。 その辺りに売っている、ありきたりな物とは違う、
彼のほれた土地の素朴な、いい音たち。
ぼくもぜひ売ってもらおうと思ってます。
これ、聞くのを楽しみだなあ。

立川をおりてパブ方面に曲がったら、月が雲の間からぱっと出てきました。 中秋の名月。、今夜でしたね。 とてもきれいに、夜空にくっきりと浮かび上がるその姿を 足を止めて、(中島を待たせて、笑)しばし見とれてしまいました。 願い事をかけたらかなうかな。そんな淡い期待を胸に、いちようお願いをかけてしまった。 07092502.jpg

そうこうしてるうちにカウンティ−クレアに到着です。 店の中からは感じの良い音が聞こえてきています。 Jimさん, Kemoさん、Y内さん、K木さんH美さん、Y田さん、 とお友達が演奏していました。 早速一番はじっこに座ってビールを頼みました。
最初の一杯目は奏者割引があってとてもうれしいです。
K木さん、久しぶりに合えました、たぶん1年ぶりくらい。 夜のセッションで会うの数年ぶりですね。きっと。
以前の印象とは自分違う音の出し方をしてまして聞き惚れてました。
自分のやる曲とずいぶん違うので、それはそれでとても面白かったです。やはり、東クレア、フィークルのあたりの曲を弾いているのかな。。Y内さんの ノリも相変わらず、かっこいいですよねfiddleだからできるんだよなあ。きっと。

10時を回るころから奏者が帰り始め変わりにS藤さん、I嵐さん(伏せ字になってないな笑)がやってきまして、おしゃべりしながらゆっくり曲を楽しんでゆきました。Y田さん、ご一緒すればするだけ内容の濃い、いい曲を演奏してきます。だんだん彼の曲も拾える様になってきました。楽しいです。
07092503.jpg

Jimさんに先日から気になってる曲の曲名を聞きました。 この曲の名前しりましりませんか?、さすがはJimさん 知らない事ありませんね。(^^) ここ1年くらいぼーっと考えてた謎が一つ解決しました。 Lads of Laois EdorのReelです。 Jonさんが好きでよく弾いていたと思うんですよね。 彼が弾いたfiddleの音で覚えた曲です。 楽しい時間はあっという間に過ぎますね。 終電ぎりぎりまでお邪魔しました。 Jimさんkemoさんどうもありがとうございました。


2007-09-25

むかーしのsessionのMD

今日はむかーしのセッションのMDを聞きながらお店番をしています。 アイリッシュ音楽のかかる時計屋さんはきっと都内でも ここだけでしょう。 Mikeさんの替え歌とか、うわあ、なつかしいです。 1999年。Marie Marceauさんが初めてwarriorに来てくれた時の物です。 彼女との出会いも鮮烈でよく覚えてます。 たしか、アイリッシュハウスと言うパブの一周年パーティーでセッションをやってくれと、T@Cさんが頼まれて、当時つるんでいた数人と セッションをやりにいった帰り道でした。 新橋駅の入り口でまるで妖精のようなきれいなドレスをまとった外国人の女の子のフルート奏者がバスキングをしていたのでした。
 99session01
そこにわれわれ酔っぱらい集団が偶然通りかかって
しばしのあいだ クラシック音楽を楽しんだのでした。
我々に気づいた彼女が仲間の楽器ケースを見て
「あら、あなた、それバンジョー?」
と声をかけてきたのでした。 中身は
ブズーキだよ、アイリッシュをやるんだと、
答えをかえしたT@Cさん。
彼女は。すごくうれしそうに、
私もアイリッシュやるのよと、
いきなり金属のクラシックフルートを
かなり使い込まれた tin whistleにもちかえ、
極上のダンスチューンを吹き始めたのでした。



99session02今度ぜひうちのセッションに遊びにきてくれと声をかけたのは言うまでもありません。 彼女はJonとJimの事を知っていて、さらに大盛り上がり。
次のsessionには彼らもやってきました。
写真はwarrior celtでの
Jonさんとマーリーさん。
当時のレギュラー奏者にも懐かしい人がけっこう混ざってますねー。(^^)


(録音を聞きつつ。。)ああー。いい曲やってますねえ。 せっかくなのですこし拾ってみようかなと考え中。 しかもすっごいいい雰囲気。 昔の音源だからといって侮れません。 ちょード下手な自分の音は聞きたくないですが 周りにはいい奏者がいました。

99sessionphoto3
今のセッションも、とても面白いですけど 同じ音には絶対にならない。
生ものの音楽ですからね。






まだブログ、慣れてないので思ったように表示できませんねえ。
おもしろいんですけど。わはは





2007-09-24

月曜日の出来事

本日は月曜日、振替休日だそうです。
きょうはお店に軽井沢帰りのごーりっしゅさんが見えました。
ああ、そうだ、時計の再修理、受け渡しがあったのでした。

たまたま軽井沢近辺に知り合いのやってる店があったそうなので
そこで飯を食ってきたという話を聞きました。
ごーりっしゅっさんのプラス思考はこの友人の影響だという事
だそうで、どんな人なんだろうとちょっと興味を持ちました。

今度軽井沢にいく機会があったら行ってみようと思います。
ってそんなチャンスどこにあるんだ(笑)
一様、忘れない様に覚え書き。めもめも。
自来屋


さてと銀職人の商品撮影やるとしましょう。
どんな物を撮っているか興味ある方は、って
そんな人いないな。でもいちようご紹介 A^^:
もしも購入する場合はYutaから教わったと一声かけて下さいね。
RC GEAR

あまりに音楽関係ないですね。汗
音楽関連ネタは。。。うーむ。
んじゃ、本日の課題曲をご紹介しましょう。

千本松REEL in A

でした。ってこれじゃあ謎解きもいいとこだ。
曲が気になる人には聞いていただければ
こんど吹きます。



2007-09-22

イラストby Photoshop

今月から電話をPHSからドコモに変更しました
というのは先日書いた通り。

それに伴いお遊びで名刺を作りました。
名刺の肩書きも撮影、時計、カメラ販売業とは書かずに
flute&whistle playerなどと、、、偉そうな肩書きだーー。
自分の演奏の技量を考えて物を書けって感じですよね。A^^;
まあ、お遊びですから。ってことで。

文字をレイアウトしていくうちに
うーん、シンプルだなあ。もう一歩ひねった
何かが欲しいなあと考えていて
うん、そうだ、楽器の絵を描こう、と思いました。

書くと言ってもパソコン上ですからね。
Photoshopで四角を書いてそれにグラデ、つけてるだけなんですが
ぽぽっと10分くらいで書いたフルートが想像以上に質感がそれっぽくて、おもわず欲が出て、whistleも書いてみました。
こっちは30分。気合いと、出来上がりの品質は
あまり正比例しないらしいですね。(笑)

fiddleとか、concertinaとかとかもこんな風にかけたら
いいのになあと、寝言を言っております。
笛奏者でよかった。

fluteのイラスト


本日から世の中3連休なんですねー。
3日とも仕事の自分が既にかわいそうとも思わないこの環境。
恵まれてるのか恵まれたい無いのか。
まあ、お店に座ってるとたのしいから、いっか。(^^)

2007-09-21

session at The Warrior Celt

第3週水曜日はWarrior celtの定例セッションです。
ここのところいろいろな場所にお邪魔させていただいていて最近知り合いになった方などもずいぶんいますので
なんとなく、今回はいろいろな方が遊びにきてくれるのではないかと感じていました。

スタート前に数人の方が来てくれていました。いつもスタート時の集まりの悪い場所ですから
これは本当にありがたかったです。fiddlerのナカジ君の到着でセッションが始まりました。
普段は5、6人で9時くらいまで静かなセッションが続く事が多いのですが今回は
8時半には10人を超える集まり具合です。すばらしい~(^^)

初めてwarriorに来てくださった方もずいぶんいましたので、序盤は
スタンダードな曲を混ぜていっているつもりだったんですが
ふと、周りを見回してみると演奏してるのはwarriorによく来てる奏者だけだったりして、
「ああ、この曲はスタンダードチューンではないのか(汗)」などと改めて思う場面もありました。

皆さんで弾ける曲をかなり意識して混ぜてったのと同時に
warriorっぽい曲もマイクさん ナカジくん、コメグさん、あたりを中心に
弾いていたようなのでかなりしまった印象もありつつ、皆さん、楽しめるような
音だったと思います。
アイリッシュだけではなく、シェットランド、やスコティッシュケープブリトンの曲
も混ざっています。実にwarriorっぽいですね。

時間がたってくるにつれて徐々に奏者が増えてきます。
中には10時くらいに来て演奏の輪に入ってこない方などもいます。
ああ、これは明らかに第2部狙いですね。(笑)
今夜は夜中がさらに面白いぞとにやにやしながら時間を過ごしてゆきます。

さんざん馬鹿話をしていたり、O田さんにワルツを振ったり、と
おもしろおかしくやっているのですが�
雰囲気もダレる事無く、次々と曲が出てきます。
普段は11時くらいになると奏者がずいぶん減るのですがこの日は違います。
開いた席に奏者が次々と入ってきます。結局11時半に洗濯女セットをやるまでほぼ途切れる事無く
いったん休憩。すばらしい盛り上がりのセッションでした。

いよいよコアな時間が始まります。

残ったメンツは Y田さん、ナカジ君、コメグさん、サハラママさん I藤君、
そしてこの時間になってから登場のT@Cさん。

最初はなにげに遠慮しがちな雰囲気も徐々に熱くなってゆきます。
12時過ぎにコメグさん、サハラママさん、そしてしばらくしてT@Cさんが帰り、
あとは本当に各自が好きな曲を弾く時間となってきました。
I藤君も、かなりすごい奏者で、しびれるようなかっこいいreelを吹いてましたし、
ナカジ君はカナダ一時帰国でさらに磨きのかかったケープブリトン&スコッティッシュを弾き、
Y田君も門外不出のセットを披露してくれたり、
かと思えば突然G限定のリールが結構なスピードで回り始めたりもしていました。

1時半。そろそろ上がりかなという雰囲気でも
ああ、そう言えばこんな曲あったなあ、と誰かが言うとそこからまたさらに
ばりばりと熱く弾きはじめ、曲が曲を呼び、ああ、この曲、似てるよねといいながら
どんどんつなげてゆく。

終了2時15分 A^^;

いやあーーー。吹いた吹いた。久しぶりににお腹いっぱいになるまで吹きました。
すごく充実したsessionでしたーー。

知らない曲がすごいいっぱいあって、どれも魅力的で
ああ、この曲覚えたいと、なんども思いました。

遊びにきてくださったすべての方、そして夜中までつきあってくれた
みなさんどうもありがとうございました。

また六本木共々よろしくお願いします。

写真に掲はHP載してありますので
よろしければそちらもどうぞ~。

2007-09-19

充実の一日。

昨日は柄にも無く仕事に集中していてあっという間の仕事時間でした。
そしてちょっと早めに終わった店の後でドコモショップへ
そう、電話機のアドレス帳のコピーを作りにいきました。
ドコモショップは歩いて2分。こういうときに電話屋さんが近いと便利。
(ウィルコムは秋葉でしたからね。しかも水曜日休みだし。)

店員もいっぱいて、みな親切な対応だし。待ち時間短いし。

その後ケビンさん主催のゆっくりセッションにお邪魔しました。
7時15分くらいにつくとなんと奏者ゼロ。。。
あれれ、日にちを間違ったかと、一瞬うたがってバーマンに聞いてしまいました。

一人でカウンターで飲んでて目に留まったバーマン、新しく入った方ですねえ。
話しかけてみたらアイルランド訛、ばりばりでした。
話を聞いてゆくとワーキングホリデーで日本に来たと言いました。
おおーー!!

4月からずっとチェックしていたんですが1人も
出会う事ができなかったのでとてもうれしかったです。

セッションはfiddleの方ががんばって引っ張って
いました。普段ご一緒しない方達なのであまり聴かない曲や、
すごく久しぶりに聞いた曲など楽しくあわせていきました。

ただ、音に集中しているとあっという間に料理が
テーブルに乗らないほど並んでしまうので、溺れまいと
食べに入ってしまうんですよね。
笛奏者は食べながら演奏できませんのでその間はお休み。
うーん惜しい。
それでもいつでもここのご飯はおいしいです。
これはこれで楽しい時間でした。

いつもこちらのセッションでいい曲を吹いている
T田さんが来てななかったのが個人的には唯一、残念でした。。
実はセッションの後に少し音、合わせたいなあと思っていたんですね。
そのせいか、少々不完全燃焼で終わってしまいました。

セッション終了後、道でお話ししていたモさんに何となくそんな話をしたところ
快く「んじゃカラオケ行きますか」と乗ってきてくれました。

自分のわがままにつきあってくれた
もさん、けびんさん、O田さん、たいへんうれしかったです。
とてもありがたいとおもいました。

カラオケではあまり遠慮せずに、自分の
最近気に入っている曲などもふいてしまいました。

おつきあいありがとうございました。
なんだかjigセッションでしたね。
とても面白かったです。














2007-09-18

ロールマット

R0012223.jpg


今日新しいキャンプ用のロールマットをおろしました。
ぴかぴかの新品です。
明日どうも友人が泊まりにきそうなのでその寝床用と思い
広げてみました。うーん新しい(笑)当たり前ですが。。

購入したのは確か2002年かな。いや。。2000年くらいかも。
いつもお世話になっているMさんが海外旅行でシアトルに行くと
いったので米国製サーマレストウルトラライト。
買って来てもらったのでした。

今自分で使っているロールマットは95年に
カナダで購入しずっと使いつづけているので、さすがにへたり気味。
なのでいつ世代交代してもいいようにと
全く同じ製品を保存していたのでした。

結論。10年くらいじゃサーマレスとはへたらないってことですね。
実際、新品と12年経過の製品を並べて比べてみましたが
どちらも快適(^^)
逆に使い込んでる物の方が膨らむのが早い。そりゃあたりまえか。

こりゃ、予備なんていりませんねー。










2007-09-15

ナカジ君帰国

fiddlerナカジ君が帰国してきたようです。
きっと今回もいい曲、たくさん仕入れてきた事でしょう。
コメグさんも今年はシェットランドに行っていい曲仕込んできてますので
今度のセッションのときにはその辺りの曲を披露目してもらいましょう。
なにげにいつも以上の盛り上がりの予感です。

楽しみになってきましたー。

2007-09-14

session at 渋谷ダブリナーズ 07.09/12

9/12水曜日07091201.jpg 渋谷ダブリナーズのセッションに参加してきました。
この日はほんとにきれいな夕焼けでした。
マンションの一番高いところに上ってぼーっと眺めちゃいました。
久しぶりのJImさん主催のセッションです。
渋谷はあまり顔を出さない場所なのでよそのセッションでは
あまり一緒にならない方と会えたのが うれしかったです。
さいきん毎度顔を合わせる事ができる方に会えるのも
うれしいですけど(笑) 07091203.jpg   
セッションスタート時には既にかなりの数の 奏者が席についていました。すごい結束力です。 スタンダードな曲にあまり聴かない曲が 混ざるくらいのちょうど良い 緊張感がナーイス♪

テラスでの演奏も今が一番気持ちのよい時期かも知れませんね。
ここは夏場と冬場、厳しいですからね。
昔よくコート来て、手袋したままとかで演奏したのを思い出します。 寒くなったら室内に逃げて暖をとって、また演奏する、 なんてよくやってましたね。いい記憶だ。

この日のセッションではかなりマニアックなSlipjigが出てきてびっくりしました。
実はこの曲、誰も知らないだろうなと思って
ついこの間、密かに練習してったのにそう言う曲がぽこっと出てきたり、
また、大好きな奏者から教わった曲でこれまた絶対誰も知らないだろうなあと思って 最近練習を始めた曲も、「ああ、これあのXXXの曲ですよね。」 と逆に出所を教わったり。07091204.jpg いやいやセッションって面白い。次回は今度こそ誰も知らない曲を持ってゆこう。とか思っちゃいました。 いい時間でした。ジムさんありがとうございました。






後日談。最近練習した曲の持ちネタを教えてくれた人に
「これはジャッキーディリーがやったんじゃん?」と聞いたら
この曲はねえ、どこそこの、田舎のフェスティバルで
XXXという奏者が演奏したのを拾ったの。
私はCDから曲を拾ってきたりしないよー。と言われてしまいました。
さすがだ--。。

2007-09-14

blog始めてみました。

気持ちの変化か、何かの願掛けか(笑)
それともあらたの人生の幕開けか。
ただ単に始めてみたかったからか、
本人にはよくわからないですが、何となくblogはじめてみました。

いつやめるかわかんですけど、それまでよろしくです。



プロフィール

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。