--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-16

Happy wedding

最近(といっても去年か)知り合いになった笛奏者のゆきちゃんがご結婚されたそうで。
おめでとうございます~。
っていうか、突然のお知らせでびっくりしたなー。
どうかお幸せに。

weddingと言えばwedding reelなんてのがありましたね。
けっこういい曲で好きなんですがど最近はあまり聞く事が無いので
せっかくの機会ですから取り上げておきましょう。

これは以前USの奏者メラニーさんがよく演奏してて
そこで覚えた記憶があります。
楽しそうなfiddleの音が印象に残っています。

え、wedding jig?
こっちはもっとやりませんねー。(笑)

スポンサーサイト

2008-04-01

08.3/31

3/31
店を終わらせてから高校時代からの付き合いの3人組
1人は銀職人、1人は木工および各種造形のスペシャリスト、
たまに思い出したように集まっては飲んでたわいもない話をするのでした。
今回は谷中のサクラの名所。珍しく宴会客ゼロ!の夜。満開のサクラを楽しんできました。

080331.jpg

その後六本木へ。そう、実は3/31はパブの主人アンディーの誕生日なのでした。
これは行かねばでしょう。
パブではアンディー&常連客と乾杯しつつ
数名の奏者仲間と楽器抜きでおしゃべりを楽しんできました。
楽しい時間はほんとにあっという間でしたね。
こんな集いもいいものですな。またやりましょう。

2008-03-11

しるーばアクセサリー

今日は音楽ネタから少し離れて銀職人の友人ネタです。

そうそう、先月撮影を頼まれてブツ撮りをやってましたが
その写真を使ったチラシを頂きました。

せっかくなので宣伝もかねましてご紹介しちゃいましょう。
rcgear01.jpg rcgear02.jpg

画像をクリックすると大きい画像が開きます。(約120KB)

ちなみにオンラインショップのHPはこちら

もしも恐竜や骨、化石、そして金属の質感が好きな方は一見の価値あり。かも(笑)

2008-01-13

ニコラス君、メラニーさん、ジミー君。

先日ちょっと久しぶりにskylarkを吹いたときに、
自分で満足の出来ない演奏をしたなあとずっと思ってまして、
翌日から僕がこのセットを覚えたセッションの録音をずっと聞いています。
ああ、こういう音だったんだなあと、改めて聞き直していろんな事を感じております。

きょうはこのセットを演奏していた方々の事を少々書きましょう。
ニコラス君、メラニーさん、ジミー君。ちょうどwarrior session休止の時期に知り合えたフルート、fidde、ギター奏者
ディズニーシーの演奏をするために01年くらいに1年間契約でやってきていたのでした。

warriorでJonさんとセッションをしていたときにやってきて
最高に盛り上がり意気投合。
しばらくは事あるたびに誘い出し、よくセッションをしてました。

当時はレギュラー枠を持っていなかったので
新宿エンジェルと交渉してsessionをやらせてもらっていた事が多かったです。

つるんでいたのは半年位で時間としては決して長くなかったのですが
それでも彼らの演奏から、とてもたくさんの事を学んだもんです。
ニコラス君が使っていた楽器は
Patrick Olwellの5keys DfluteとMichael CopelandのDwhistle。
演奏もうまかったですがそれよりも楽しい音を出す事がうまい奏者でした。
なんというんでしょうね。聞いていて踊りだしたくなるような音。かな。
彼らが弾いていて覚えた曲も数多くあります。

Skylark(D)/Fox on the Town(G)/The Glass of Beer(Bm)
のセット(注)Skylark、資料ではCになっておりますがコメント欄にDのABCデーターがあります。

Rolling In The Ryegrass(D)/The Killavil Fancy(G)
の2曲セットや

The Rose In The Heather(D)/Aaron's Key(Bm)
などがそうです。

最近はあまり聞かなくなったものたちばかりですねー。
彼らは東京を離れた後に関西のUniversal sutdio Japanのパブ、フィネガンズでの
演奏の仕事に就き半年か1年くらいすごしていましたので
ハタオくんやピーターなど関西にも知り合いが多いはず。

去年メラニーさんが数年ぶりに遊びに来てくれて
嬉しかったですね。またいつか遊びに来てくれるといいなあ。

2007-10-09

森川さん

warriorセッションの古くからのレギュラー奏者であり
我々仲の良い友人でもある森川さんが
数年間住んだスコットランドから帰国しました。
こうやって遠方から東京に戻ってきたときに
またwarriorにも戻ってきてくれる事、本当にうれしいです。



長い間、東京を離れていた奏者が
warrior celtに戻って来たときに、普段の日のパブにいっても
知らないバーマン、知らないお客さんになっていて
昔ここに自分がいた、なんて事を知っているのは壁の
肖像画だけだったりする事あると思うんですね。

ここが 自分のローカルパブだったという想いをもって戻ってくるのに。

でも第3水曜にwarriorに来ればそこには
昔からのセッションが昔と同じ様に
ちゃんといまでもある。

そこには自分を知ってる奏者たちが
よく帰ってきたね。お帰りなさいと、ちゃんと
迎えてくれる。
warriorのセッションをやっている一つの大きな理由は
そんな海外でがんばってる友人たちの
大切なローカルパブを維持していきたい。

なんて想いがあるからなのかもしれません。
いや、ただ単に近所だから、という話もあるけど。(笑)

今度のwarriorはそんな訳でお帰りなさいセッションの予定。
みんなで乾杯しましょう~。
なんかスコティッシュチューンが飛び交いそうな予感ですね。
来週ですが今からたのしみ~~。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
Yutaです。
FluteとTin whistleをふきます。

最近、スパムコメント多発のため
NGワードに「http」を設定しています。
URLを記入したい場合は注意願います。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
FC2カウンター
くろこさん
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。